医療法人社団カナヤデンタルクリニック

セラミックと保険の寿命の違い

お問い合わせはこちら 一般診療はこちら

セラミックの寿命の目安

セラミックの寿命の目安

2021/08/23

セラミックの寿命の目安

よくある質問→セラミックはどのくらいもちますか?

セラミッククラウンの寿命は平均して8~10年と言われています。

セラミックそのものは酸化や腐食に強く最適な環境のもとであれば、長期間形状や性質を維持します。

しかし、口腔という唾液や細菌が多くいる環境での使用となると半永久的というわけにはいきません。

嚙み合わせや歯ぎしり等患者様の口腔内により大きく左右されます。

また、磨き残しが多いと、セラミックの下の歯質が虫歯になってしまうこともありますので、定期的な検診を受けて頂くことは必須です。

しっかりとメンテナンスをすることで10年、それ以上維持されているかたもいらっしゃいます。

保険診療にて使用される金属の寿命は5~7年と言われています。

金属は金銀パラジウムというものが一般的に使用されており、劣化が早いとされています。

かぶせ物と自分の歯との間にすき間ができやすく、セラミックよりも虫歯になりやすいと言われています。

かぶせ物で悩まれている方はまずはカナヤデンタルクリニックにお越しいただき相談してみてくださいね!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。